海外用ルーターをレンタルするうえで確認しておきたい点をとりまとめた情報サイト

>

海外用ルーターをレンタルするのは想像以上にスムーズにできる

レンタルの申し込みの流れを確認しておこう

自分の都合に合ったレンタルサービスが選択できるように、前もって各サービスのスペックなどを整理しておくとよいでしょう。
例えば、レンタル期間や料金をはじめ、レンタル機種のサイズや通信容量、通信速度などが挙げられます。
これらに優先順位をつけておくと、合理的な選択ができるでしょう。

続いて、このレンタルの申し込みから返却までの流れを見てみましょう。
まず、ネット検索などで、いくつかのレンタルサイトから自分の用途に合ったサービスを選択します。
サービスが決まったら、利用開始日や受取り先などを指定して申し込み、代金の支払いを行います。
申込みが確定すると、利用開始日までに自宅や空港などの指定先でレンタル機器を受取ります。
レンタル期間が終了したら、空港で返却するか、申込み時に届くレターパックを用いて返却します。

レンタルサービスを有効活用しよう

レンタルサービスを利用すれば、海外用のルータの受取り先を海外出張などで利用する空港とすることができるうえに、返却も空港の専用カウンターで手軽にできるので利便性が高く、手荷物の負担も軽くなることから使い勝手も良いといえます。
さらに、故障や操作上のトラブルなどへのサポートも行き届いていて、場合によっては代替品に交換してもらえます。

ただし、一定期間の短期間での利用を想定していることから、むやみにレンタル期間を延長するとかえって割高になってしまうことがあります。
事前に利用上の注意を念入りに確認しておくとともに、ルーターに取扱説明書が同梱されているので、レンタル期間や延長料金をしっかり確認して、くれぐれも余計な出費をかけないように注意しましょう。


この記事をシェアする